ご家庭や会社でご不要になった書籍をご寄付くださることで、サムガクを支えることになりサムガクに通う生徒たちの未来をつくることになります。若者たちの「本当の未来」を「本」でつくるプロジェクトです。

秋の読書キャンペーン

Book to the Future 〜ホントノミライ〜とは?

不要になった本が、サムガクに通う生徒たちの未来をつくるための費用となります。

今何かに悩んでいる人、生きていくことに困難を生じている人、居場所が無い人、
今の自分を前進させたい人、笑顔を手に入れたい人、ご家庭や会社で不要になった古本で、
そうした人々が「基本的な生きる力」を身につけられる可能性があります。

 

 

  1. 「3名の若者に一週間の就労体験を提供することができます。」
  2. 単行本が100冊集まったらできる事

    「3名の若者に一週間の就労体験を提供することができます。」

    就労に対して苦手意識を持った若者に、「就労体験」の場を提供し、円滑な就労に向けての第一歩を
    クリエイトすることができます。

  1. 「自立支援セミナー&無料相談会を開催できます。」
  2. 単行本が600冊集まったらできる事

    「自立支援セミナー&無料相談会を開催できます。」

    自立が困難な若者やその保護者に対し、自立支援セミナー&無料相談会を開催することによって、
    若者の未来を積極的に切り拓くことが出来ます。

  1. 「学園祭にて生徒発案の企画が運営できます。」
  2. 単行本が1000冊集まったらできる事

    「学園祭にて生徒発案の企画が運営できます。」

    侍学園で毎年行われている学園祭「今人祭」にて、学園に通う生徒たちが発案し、運営する企画が実行できます。
    生徒たちの自信となり、来場者の勇気になり、生き苦しむ若者の光となります。

Book to the Future 〜ホントノミライ〜の流れ

  1. 古本を寄贈
  2. 5冊から送料無料
  3. 古本の集荷・仕分け・買い取り 株式会社バリューブックス
  4. 買い取り金額の寄付
  5. サムガクに通う生徒たちの未来をつくるための費用へ

特定非営利活動法人 侍学園スクオーラ・今人

侍学園スクオーラ・今人は「学びや新しい自分との出会いを求める全ての人々の為の学校」を理念とし、 年齢無制限で生徒を受け入れています。 画一的な授業は行わず、座学、体育、農業、創作活動など様々な活動を通して、「基本的な生きる力」を 身につけることが、サムガクの最大の目的となります。誰かに与えられる教育ではなく自ら探し、求め、 そして、生徒、スタッフが共に成長できる「共育」を通し、「幸せに生き続ける」生き方を共に模索し、 実践しています。 また、地域に根ざした社会資源になるべく無料セミナーや無料相談会などを展開しています。

特定非営利活動法人 侍学園スクオーラ・今人

http://www.samugaku.com/

お申込み方法

不要になった書籍を段ボールに詰めます。申込書をプリントアウトし、ご記入の上、本と一緒に入れます。

申込書はこちら

  • ※ダンボールが複数になる場合でも、申込用紙は1 枚で大丈夫です。
  • ※古本は5 冊から、着払いで受け付けます。
  • ※18歳未満の方は、保護者の方にお願いしてお申し込みください。

以下の本は取り扱えませんので、集荷に出さないでください。

下記 ISBN のない本、百科事典、コンビニコミック、個人出版の本、
マンガ雑誌、一般雑誌は取り扱いできません。

サンプル

  • ※取り扱えない本が混入していても、費用の負担などは生じません。

株式会社バリューブックス 0120-826-295 に電話。「Book to the Future 〜ホントノミライ〜に申し込みたいのですが…」と、伝えてください。

電話受付時間

月~土
10:00~19:00
10:00~17:00

宅配業者がご指定の時間に引き取りにうかがいます。

  • ※ヤマト運輸の集荷を手配します。
  • ※古本は5 冊から、着払いで受け付けます。

株式会社バリューブックスにて、買い取られます。買い取り金額は、特定非営利活動法人 侍学園スクオーラ・今人に寄付されます。

特定非営利活動法人 侍学園スクオーラ・今人にてサムガクに通う生徒たちの未来をつくるために生かさせていただきます。

古本の集荷・仕分け・買い取りは株式会社バリューブックスが行います。
取り扱い古本の内容などは、こちらにお問い合わせください。

株式会社バリューブックス古物商免許:長野県公安委員会第481100800018号
〒386-0041長野県上田市秋和537 TEL:0120-826-295 E-mail:info@value-books.jp http://www.valuebooks.jp/